top of page

生徒自身が自分の成長を実感できる

行動変容メソッドで
生きる力を育む

​「できたことノート」が
学校導入するまでの経緯

P1099163.02_41_28_19.静止画014.png
浜松.png

永谷研一が人材育成において、目標達成に向けて行動実践や振り返りを行ったデータ分析することで分かったことは、目標達成する人はリフレクション(振り返り)シートに”本音を書いている人”ということを判明しました。

本音を書ける開示力も高いことがわかり、ただ闇雲に自己開示せよと指示してもかえって心を閉ざしてしまう傾向があるということです。

理由は、自己肯定感です。自分に自信がなく本音を書けない。

「できたこと」に着目した行動変容メソッド「できたことノート」が生まれ2016年に同名の書籍も発売されベストセラーとなりました。

その購読者の中に中学校の教員が多くいらっしゃり、教員たちは、できたことノートの無料ダウンロードシートを使ってクラス内で実施し、自己肯定感向上はもちろんクラスの生徒同士の関係構築にも役立てた実績があります。

中にはできたことノートのメソッドを活用したオリジナル生徒手帳を作って全生徒で実施している学校も出てきました。

永谷は全国から呼ばれる講演会を通じてこのメソッドを中高生に伝える活動をしてきました。

2016年から始めた講演活動は20校4000人の生徒が参加することになりました。ところが2020年コロナ禍において、ゲストティーチャーの活動が制限されるようになり従来行っていたキャリア教育ができなくなってきました。

zoomなどの遠隔会議システムを使った講演活動も行なってきたが、学校内の先生が実施できるプログラムも必要となってきました。

そこで2020年12月学校内でクラス担任ができるファシリテーションガイド付きワークブック「できたことノートfor school」を開発し2021年1月よりサンプル無料配布しオンライン説明会を行なってきました。

2021年10月現在6校生徒数1100名に対して「できたことノートfor school」を使ったキャリア教育が学校所属の教員によって行われています。

2022年には企業向け人材育成研修のコンテンツ行動変容メソッド「PDCFAサイクル」を高校生版としてリリース。進学校には目標達成するプログラムを講演会で伝えています。
​現在、30校の生徒5000人の生徒に「できたことノート」のメソッドを伝えています。

多くのメディアからも大注目!

アセット 4011341211321_edited_edited_edited.

できたことノートは様々なメディアで高い注目を集めています。「できたこと」を起点とした自己肯定感向上の視点から解説を求められることがますます増えてきており、ラジオ、雑誌、新聞、WEBメディア、コミュニティ誌などから数多くの取材を受けメディアに登場しています。

oyako__media--03.jpg
oyako__media--01.jpg
oyako__media--06.jpg
oyako__media--04.jpg
oyako__media--05.jpg
oyako__media--07.jpg
oyako__media--02.jpg

メディア注目の​「できたことメソッド」を
著者自ら伝えます

​中学校 編
​本来のキャリア教育とは?
生きる力を育む「できたこと」メソッド

中学校では、キャリア教育や総合的な学習の時間に採用されています。

「キャリア教育」に使用する場合、生徒が自分の可能性に気づき、自身の変化や成長を自己評価できるようになります。

 

「総合的な学習の時間」においては、「自己の在り方生き方を考えながら、よりよく課題を発見し解決していくための資質・能力を育成することを目指す」という目標に近づく手立てとなります。

教材を活用して講演をしていきますので、生徒達も集中して講演を聞くことができますのでご安心ください。

講義を聞くというよりも、自分自身を見つめるワークショップが7割ぐらい時間を割きます。

書くことが多い講演会ですが、講義が楽しかった!と満足感を得られるのは、大手企業研修、大学講師として実績があり、教科書通りに進めないエンターテイメントを見ているような講演会になるからです。

先生方には、講演会をする前に「教員研修」という形でメソッドのノウハウをお伝えすることも可能です。実際、教員研修を実施した学校の教員は、生徒に先生自身がメソッドを教えることができるので、その後の学級経営にも役に立つと好評をいただいております。

​行動変容メソッドは未就学児からビジネスパーソンまで幅広く採用されていますが、中学生・高校生のこれからの時代を生きる生徒達に一番学んでほしいということで、コンテンツ開発には一番時間をかけております。

高等学校では、実業校でのニーズもあり、社会に出る若者の基礎的汎用的能力として「できたことメソッド」が採用されています。

中学校

■聖学院中学校・高等学校「できたことノートfor school」の講演会(中学2年生)

聖学院ダイジェスト動画.00_02_00_22.静止画007.bmp
聖学院ダイジェスト動画.00_01_09_04.静止画001.bmp
聖学院ダイジェスト動画.00_01_39_02.静止画004.bmp
聖学院中学校できたこと生徒手帳実践会v2 (1).00_00_49_18.静止画004.png

弊社が運営するautobizのサイトのページにリンクします

​高等学校 編
これからのリーダーへ
「自分軸で生きること」が目標達成の近道

高等学校、主に進学校では「できたことノートfor PDCFA」の教材を使った講演会を実施しております。

企業研修で採用されている「目標達成のための行動変容メソッドPDCFAサイクル」を高等学校用に新たに開発し、忙しい教員のために、講演会後も生徒自身が教材だけで学べるようにもテキストも充実させました。目標達成のために学ぶ意欲がある進学校に採用されています。

弊社は創業以来、教育とITを融合する仕事をしながら、人材育成コンサルティング業務を行ってきており、2006年から、研修の効果を高めるために「やりっぱなしの研修を行動定着型に転換する」というテーマで行動習慣化ITシステム「ActionT.C.」を開発。2006年よりシステム販売を開始しました。日米で特許を取得致しました。

行動変容を科学、分析を続け、教育実践の経験から得られた知見とデータに基づき、行動定着型の研修手法を体系化し、行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を作り、現在では業種、規模を問わず、多くの企業に導入されているメソッドとなっています。

​いわば、永谷研一の真骨頂である「目標達成のための行動変容メソッドPDCFAサイクル」をダイレクトに生徒に伝えることは、永谷研一自身の新たな改革でもあり、生徒達の眼差しに感動を覚えております。

受験勉強に忙しい生徒達が、真の「自分軸」を掴むことができたら、目標達成への切符を手に入れることができるでしょう。

これからの時代を生きるリーダーには、「自分軸で生きること」を自分自身で定義し、その思いを表現するために行動していってもらいたいと願っています。

スクリーンショット 2022-11-17 134641.png

講演会で使用する教材「できたことノートfor PDCFA」より

高校

■静岡県立沼津東高等学校「できたことノートfor PDCFA」の講演会(2年生)

沼東生徒2名.png
沼東永谷いい顔.JPG
沼東生徒後ろ向き永谷登壇.png
沼東男性生徒2人.HEIC

弊社が運営するautobizのサイトのページにリンクします

できたことノートfor PDCFA (1).png
​小学校 編
永谷研一の社会貢献活動の一環として
「職業講話」に参加させて頂いてます
IMG_7311.HEIC

小学校での「総合的な学習」の時間や、「職業講話」の時間に永谷研一のキャリア講話をお受けいたします。

 

永谷研一は、システムエンジニアから起業し、ネットマンを創立しました。ガラケーにi-mode(通信)が繋がった1999年に「学習端末としてデバイスが机の上にあるのは当たり前の時代が来る!」と現在に至るまで20年以上教育ICTに携わり、学習支援システム「Cラーニング」を改良・開発しつづけています。

特に、小学校でのプログラミング教育が必修化された昨今、システムエンジニア時代の話を聞きたいというニーズがあり、苦労話や、実際にシステムエンジニアになるために今何をすべきかを児童達に講話しています。

 

職業講話を通して、学習意欲を高めてほしい、社会に出て役立つ生きる力を話してほしいというニーズもございますが、永谷研一のキャリア講話は、システムエンジニア時代の話、独立して起業した話、小学生時代から発明家を名乗り日米特許を取得した話、教育ICT20年以上携わる話など、引き出しが多く多くのニーズがございます。

小学校

■静岡県某小学校  「総合的な学習」の時間より 達人の話を聞こう

ゲストティーチャー システムエンジニア 永谷研一

IMG_7303.HEIC
IMG_7352.HEIC
IMG_7321.HEIC
IMG_7348.HEIC

​「できたことノートメソッド」は
大学の単位認定科目です

できたことノートのメソッドは、行動科学、認知科学、情動科学が学べます。できたこと手帳を実践すると経験学習の実践演習も可能です。大学(特に将来教員になる学生向け)では、8コマの単位認定科目となっています。将来、教員になったとき、クラスの学級経営に活かせます。

school__syllabus__heading.jpg

シラバス

(2019年度大手前大学、2020年、2021年、2022年長崎大学等)

教科書:できたこと手帳(永谷研一著:クロスメディア・パブリッシング)

参考書:月イチ10分できたことを振り返りなさい(永谷研一著:ダイヤモンド社)

「経験学習 実践論」単位認定科目(1単位)

〜自己肯定感を高めて行動変容力をアップする〜 (全8コマ)

第1回 自分を肯定的に見る効果

  • 欠けている部分に目がいくのは人間の習性

  • 「できたこと」を見つけよう

第2回 「できたこと」を磨こう

  • ありたい姿が見つかる「ベストできたこと」!

  • 「できたこと」から新たな行動を導く経験学習法

第3回 感情をコントロールする

  • 情動知能 Emotional Intelligenceを学ぶ 

  • 能天気な人と楽観的な人はどこが違うのか

第4回 行動変容力を身につける

  • できたことメモからできたこと気付き日記へ

  • 行動を習慣化する7つの技術

第5回 フィードバック技術を学ぶ

  • イラっとしたらチャンス!

  • 相手の内省を引き出す問いかけ術

第6回 創造的な行動を導き出すには

  • 目的思考のためのクリティカルシンキング

  • 思い込みから脱出する方法

第7回 ありたい姿発見

  • 自分の子供の頃夢中になったこと

  • ベストできたことから見つける自分の価値観

第8回 さらなる行動実践に向かって

  • 内省をさらに磨く方法とは

  • 明日からの自分へのエールを

​料金・事例など詳しい資料もございます

bottom of page